布団の収納 布団圧縮袋で押入れの天袋に

寒くなり衣替えのシーズンになりました。

そろそろ布団も秋冬用に取り替えようと昨シーズン収納した布団を取り出しました。

わが家は和室が1部屋と洋室が2部屋の3LDKのマンションですが、洋室のクローゼットに布団は入らないし、和室の押入れもおもちゃや服、シーズン物の家電でいっぱい。布団を収納する場所がありません。なのであれこれ収納場所に悩んだ末、押入れの上の天袋に布団圧縮袋に入れて収納しています。

スポンサーリンク

布団の収納は押入れの上の天袋に

以前の住まいではスーツケースや旅行鞄、家電製品の箱など雑多に押し込んでいた天袋。

押入れの一番上の高い位置にあるため、見えにくくて取り出しにくいので何を入れたか忘れていることも多い場所でした。しかし今の家では和室が1室で収納スペースが少ないのでデッドスペースを有効活用すべく、押入れに布団を収納することにしました。

圧縮できるものは布団圧縮袋で省スペースに

天袋に入れているのは、来客用の敷布団・家族全員分の掛け布団・毛布・敷パッド・秋冬用のラグマットなどです。冬場にこれらを使用しているときは夏のタオルケットや敷パッドを収納しています。夏用のものは袋に入れたままで圧縮しなくても十分入りますが、冬用の布団は圧縮してしまったほうが取り出しやすいしそうしないと全部入りません。

次のシーズンに出す順番のことを考えて、薄掛布団一式、毛布一式、敷バッド一式というように圧縮袋に入れて収納しています。羽毛布団は圧縮しないほうがいい説とかありますが、わが家の羽毛布団はそんなに高級品じゃないし、今のところ圧縮しても次のシーズンに問題なく使えているので省スペース収納を優先して圧縮しちゃいます。

img_20161021_084838  

端にスーツケースも入るぐらいの余裕があります。

img_20161021_084709

天袋に収納してみてよかったこと

デットスペースになりがちな天袋、意外と広さも奥行きもあったので布団類が一式まとめて収納できてスッキリです。

押入れ収納で気になるのはカビやニオイや湿気。圧縮袋に入れて天袋に収納することでカビやニオイが布団に付くのも防げています。

天袋は押入れの上なので、下の段に片づけるよりも湿気もたまりにくいみたいで、時々換気もしたり、押入れの中には除湿剤を置いていますが、天袋より下の押入れの除湿剤のほうが水がたまっているし環境は上々かも?!

高い所へ布団を入れるのはちょっと大変かなとも思いましたが、布団も圧縮袋に入った状態だとコンパクトでかっちりしているので、楽々収納できます。

昨シーズン片づけた羽毛布団。

img_20161025_150845

ちゃんと圧縮されたままです。袋からだすと、すぐにもとの状態に戻ります。

img_20161025_151018

布団圧縮袋は掃除機で吸うタイプのものを愛用中。

楽天で圧倒的なレビュー数を誇る布団圧縮袋です。私もレビューを見て買いましたがこれは大当たり。

3年以上使用してもまだ使えているから丈夫なんだと思います。天袋から取り出すとき下に放り投げたりして手荒に扱ったからか破れて捨てたのが1・2枚。あとは圧縮状態がキープできています。いっぱい入ってたのでまだ未使用の圧縮袋もあります。4人家族には十分の量です。

圧縮方法もスライド式のチャックを閉めて掃除機で吸うだけなので簡単。1分も吸わないうちに面白いようにカッチカチになりますよ。(圧縮具合は布団の種類によって痛まない程度に変えてます。)

最近ダイソンの掃除機に替えたら圧縮の口の吸引部分が合わなくなり、布団圧縮は前の掃除機でしてたんですが、今ではダイソンでも使えるジョイントノズルも付けてくれるようです。

そのノズル、ぜひ単品で売ってほしいです。

スポンサーリンク