関空⇔香港往復で香港航空を利用。機内食(子供ミール)などの様子。

シェアする

家族で香港旅行に行った際に初めて香港航空を利用しました。

キャセイがよかったけど、フライトとお財布都合により香港航空を利用することに(^-^;

香港航空、今まで乗ったことがない航空会社だったのですが、意外にもLCC(格安航空会社)ではなくフルサービスのエアラインでした。なので今回は4時間ちょいのフライトですが機内食ありでしたのでそのレビューです。

往路で乗ったのはエアバスA320という小型機。座席は3-3で通路は真ん中だけです。

なんとこの便、画面モニターがない…。事前に調べて多分そうだろうなとは思っていましたが、ちょっと残念。子供たちは持参のipadで映画を見たり読書して過ごしていました。

子供と女性には足元は十分な広さ。ピーチなどのLCCよりは若干広めなのかなという感じ。

スポンサーリンク

香港航空の機内食はこんな感じ!

朝の出発便の機内食はこのような感じです。今回下の子は予約の時にチャイルドミールを頼んでみたのですが、チャイルドミールは通常の機内食よりも優先でサーブされ、私たちよりも30分以上早く食べ始めていたかも。

朝のチャイルドミール(子供用機内食)

チキンライスのようなものに、唐揚げと人参・ブロッコリーのソテー。それとロールパンにバター、白桃ゼリーというメニューでした。

人参のグラッセが甘い…、フライドチキンの衣がベタベタしてキライな感じ…とどうも口に合わなかったようで大人の機内食と交換して食べてました。

朝の機内食

大人用はこんな感じ。ソーセージ入りオムレツとハッシュドポテト、だったかな。これかチキンカレーが選べました。

日本のヨーグルトがついてます。

当日3時起床で疲れてたこともあり、あまり食が進まなかった私…。フルーツとかがあればうれしい。

夜の機内食

香港から関空への帰りの便(夜の便)の機内食はこんな感じでした。

チキンカレーとおそば、豆腐花、パンのラインナップ。炭水化物祭りです。

夫が選んだもう一つのメニューはマッシュポテト&ビーフ。カレーのほうがおいしい、と言っていました。

チキンカレーはちょっとスパイシーで、でも家庭で食べるような味でとてもおいしかったです。でもカレーにたくあんというのがちょっと謎…。福神漬けの代わりかな。

デザートについていた冷ややっこのような容器のほんのり甘い豆腐花があっさりしてて私は好きな味でした。豆乳とか好きな人にはイケるかも。

夜のチャイルドミール

夜のチャイルドミールはこちら。

大量のマッシュポテトとトマトソースがかかったハンバーグにブロッコリー。全粒粉入りパンとフルーツ(メロンとパパイヤ?)それとお菓子のティムタムのがついてました。パンはチャイルドミールのほうがおいしそう。

かなりのボリュームで上の子がけっこううらやましがっていました。

このメニューはとっても子供受けがよくておいしかった、と完食していました。

帰りの便はモニターもあって、日本語の子供向け映画もいくつかあったので子供たちも退屈せずに帰れました。インクレディブルファミリーを見てたようです。

香港から関空へ向かう便でしたが、乗客のほとんどが香港人で日本人は私たちともう一組ぐらいしか乗ってなかったんじゃないかな?

行きの便も9割以上は香港の人っぽかったし、日本人利用はすごく少ないエアラインなのかも。CAさんたちは若い方が多くキビキビしてて、うるさい乗客の人もおらずよかったですよ。

スポンサーリンク