わが家のトイレリフォーム アクセントクロスや施主支給したものと総費用

15年前のトイレを、TOTOの節水トイレにリフォームしたわが家。

トイレに窓がなく採光がとれないため、インテリアは白を基調に、シンプルで明るく清潔感ある感じを目指しました。壁クロスは一面だけ違う柄物を貼ってアクセントクロスにしています。

スポンサーリンク

施主支給したもの

KAWAJUNのペーパーホルダーとタオルハンガー

ペーパーホルダーはガラスの棚板が付いたKAWAJUNのもの。

img_kawajyun

デザインもガラスの色や雰囲気も今でも気に入っています。

KAWAJUNは日本の住宅設備関連のメーカーです。私の中ではシンプルでモダンなイメージ。オシャレでいろんなデザインのペーパーホルダーがあって選ぶのに悩みました。インテリアショップのKEYUCAはグループ企業です。

シンプルなタオルハンガーもKAWAJUN製。

img_20161024_132539

どちらもステンレス部分がクローム+鏡面仕上げのピカッとしたものを選んだので、指紋やほこりが目立ちやすくマメに拭かないといけないのが難点。

もしこれから選ぶなら鏡面+ヘアライン仕上げの艶消し風のものを選ぶと思います。あとは上に花瓶や芳香剤など複数置けるといいなと思うので、ペーパーホルダーは2つ横並びのダブルホルダーにしてみたい。

収納棚はIKEAのキャビネット

トイレの後ろの壁の収納棚は、IKEAで買ってきたLILLÅNGENというウォールキャビネット(今は廃版のようです)。セルフで組み立ててトイレのリフォームの時に業者さんに一緒に付けてもらいました。

img_20161024_130717

こちらもガラスで少し透けて中味が見えます。

IKEAはウォールキャビネットが充実しているしどれもお手頃価格なので施主支給を考えているなら見ておいて損はないかもです。

ウォシュレットはTOTO

リフォームで組み合わせ型トイレのピュアレストにしたので、便座は自分でウォシュレットを選んで取り付けてもらいました。

普通に量販店で売っているものです。

img_20161024_130849

リモコンは便座横ではなく壁付のものがデザイン的に好みだったので、壁付リモコンのウォシュレット便座に。

ウォシュレットは貯湯式と瞬間式がありますが、瞬間式のほうが購入価格は少し高いですが、省エネです。なので瞬間式で脱臭機能もついているものを選びました。

ドアにトイレマーク

トイレのドアにはトイレサインを貼っています。

img_20161024_140215

Hacoaのトイレサインです。

ウォルナットのものもありました。木製でかわいいです。家に遊びにくる子供の友達も迷いません。

クロスは一部アクセントクロスに

トイレのクロスは一面、アクセントクロスを貼りました。

トイレは狭い空間だし、アクセントクロスを貼っても失敗しにくい場所だと思います。派手なクロスでもかわいいクロスでもビビッドな色でもそれなりにしっくりきそう。

わが家は白にシルバーのドッド模様のものにしました。

img_20161024_130758

トイレリフォームにかかった費用

工事費(クロスや床も含む)と施主支給のウォシュレットで14万円でした。

IKEAの棚とKAWAJUNのペーパーホルダー・タオルホルダーなどアクセサリーは約15,000円です。

トイレは比較的リーズナブルに設備を一新できる場所でアクセントクロスなども楽しめるのでリフォームにおすすめです。

リフォーム価格の比較・施工例などのサイトはこちら↓

50万人が利用!利用者数No.1のリフォーム会社選びサイト「ホームプロ」

スポンサーリンク