初心者でもDIYで簡単にダイニングチェアをペイント

photo-1456086272160-b28b0645b729

今の家に引っ越しするまではほとんど興味のなかったDIY。

マンションリフォームしたのを機に、いろいろと挑戦したくなり

DIYでダイニングチェアにペンキを塗ってみることにしました。

やってみたら意外と簡単だったのでレポートします。

スポンサーリンク

どんなペンキを使う?

私が使用したのはオールドビレッジのバターミルクペイントという無臭のペンキ。

ミルクカゼインが主成分で作られた自然塗料なんだそう。

なんといってもネーミングがおいしそうなところに最初は惹かれました。

が、実際使ってみると匂いもほとんどなく水性なので、仮にどこかについてしまってもすぐにふけばOKで汚れを落としやすいし、扱いが簡単だということがわかりました。

乾くと耐水性もあるので、ダイニングチェアに塗っても安心です。

色もたくさんの種類があり、レトロっぽいかわいい発色が多いです。

なおかつ200mlという使いきりの少量のサイズから買えるので、にわかDIYにはもってこいなのです。

うちにはクリーム色っぽいエイジング加工を施したかのような白ととブルーの2色のバターミルクペイントがあります。

型番、は白 #13-25 Yellowish Whiteと青#14-29 Ohio Cupboard Blueです。

子供にどっちを塗る?といったら混ぜて塗りたいというので2色を混ぜてペイントすることに。真夏に締め切った部屋で塗りましたが、換気なしでも大丈夫でした。

塗り方

本来は色を定着しやすくさせるため、事前に家具にやすり掛けをして前の塗料を落としてから塗ったほうがいいらしいのですが、もうそれほど長く使わない椅子でペンキが剥げてきてもいいし…とえいっと一発塗りで簡単に仕上げました。

新聞紙を敷いた上に椅子を置き、食品トレーに色を適当に混ぜて、液ダレしない程度に水を加え100均の刷毛でペイント。子供には完全に遊びです。でも一緒にできて楽しい作業です。

 before
img_1433
after
img_1353

img_1354

椅子一脚、30分もかからず塗り終えました。二人でやるとペイント作業も早いです。
1時間放置して乾燥させます。

子供は自分で作った色を塗れて満足げでした。

家具も飽きたら色を自分で塗っちゃえばいいんだ、カスタマイズしていいんだという新しい発見ができたDIYでした。自分でペイントした椅子だと愛着もわきますね。
  

スポンサーリンク

フォローする