キッチンリフォーム 施主支給のLED棚下灯(キッチンライト)を取付

シェアする

キッチンのリフォームの際、もともとついていた流しの棚下灯を外してLEDの棚下灯を取付してもらいました。わが家のキッチンはI型でクリナップのラクエラを導入してます。

食器の収納 キッチンの吊戸棚とキッチンカウンターに
わが家のキッチンは壁付のI型キッチン、クリナップのラクエラにリフォームしています。リフォームでキッチン自体を対面型に変更することもできま...

基本の棚下灯が蛍光灯だったのと、スイッチがひもをひっぱる形なのが気に入らなくて、施主支給で電気工事の方にLEDの棚下灯に取り換えてもらいました。料理や水仕事の時にこそ使う電気。シンクの上の電気をつけるのにスイッチのひもをその都度触ってたらすごく汚れますよね。

以前の家では長年使ったスイッチひもが汚くなっていたのが嫌だったんです。

吊戸棚

自分でネットで探して購入した東芝ライテックのLEDキッチンライト、LED流し元灯です。(型番:LEDB87002-LS)

シャープですっきりしたデザインです。でっぱりが3㎝もなく、両面化粧タイプなので対面キッチンでも使えます。

スイッチのオンオフも銀色のレバーを左から右にスライドさせるだけのきわめてシンプルなつくりです。見た目も白いキッチンになじんで目立たず気に入ってます。

埋め込み型なので電球との隙間などにホコリや汚れがたまることもなく、ふだんのお手入れも拭くだけで簡単にキレイを保てて助かってます。

LEDなので電球交換は10年以上はしなくていいのかな、と思っていますがもし電球が切れてもちゃんと交換用のLEDランプもあるので安心。

LEDのキッチンライト、3年以上経過した今も、電気のチラつきもなく快適に使えてます。

スポンサーリンク