結局のところキャッシュレス決済ってお得なのか?今年ポイントバック(還元)された金額を計算してみたところ…。

シェアする

2019年、〇〇pay(なんとかペイ)が乱立しどれを使ったらよいのか迷う人も多かったかと思いますが、わが家では1年前のキャンペーン時のPayPay(ペイペイ)導入を皮切りに、年明けからはLINEPay、最近ではメルペイもたまに使っているという状態。

PayPayとLINEPayは今やどこのコンビニでも使えたり、スーパーなどでも普通に使えて便利だし、10月の消費税増税後からはキャッシュレス・消費者還元事業で現金で支払うよりお得なお店では使うようにしてます。

スポンサーリンク

これまで還元されたポイント額を計算してみた!!

まずはPayPay(ペイペイ)。

今までもさまざまなキャンペーンを行ってきたペイペイ。特に5月ごろまでは何かしらのキャンペーンで20%還元っていうの当たり前だった気がします。

最近では1周年記念の一日限りの還元Dayにユニクロでヒートテックを1枚の値段で2枚買う…というのをやって980円をさらに20%還元にしたのが記憶に新しいところです。

使用履歴からポイント還元額を計算してみると

2019年12月 まずは導入時の500円分のポイントゲットに始まって、ちょこちょことコンビニなどで購入を繰り返し、2020年11月までの還元額(PayPay残高)はトータル7775円でした。PayPayはほとんどコンビニか(たまに飲食店)しか使ってなかったのでこんなものかな。夫のスマホの分も入れるとキャッシュバック1万円はいってると思います。

支払い時にQRコードを読み取るだけの店でしか使いたくないので、自分で金額を入力させられたり店頭のQRコードの読み取りからさせられることがあるPayPayの支払いは実はちょっと苦手です。ユニクロのキャンペーンもレジで3分近く待たされました。

次にLINEPay(ラインペイ)

こちらはPayPayより還元額の計算が面倒。。通常のポイント還元額とキャンペーンごとの還元額が別なので毎月どれぐらいポイントバックされてるかメモっとけばよかったです。

LINEウォレットの画面からさかのぼろう!とスマホの画面を繰りましたが過去のデータはなっかなか読み込めず時間がかかりました。

★LINEトラベル経由でホテルを予約した際の還元額 8,109円分(ホテル2つ) 

★LINEショッピング経由の買物 56円分

★普段の買物での付与ポイント(すぐ還元されるポイント) 2,951円分

★毎月の期間限定payトクキャンペーン時のポイント還元額                      17213円分

この1年間LINEPay支払いをしたことによるポイント還元額のトータルはなんと

28329円でした。これは私のスマホ分だけなので夫の分も入れるとポイントバック額が3万円超えるのは確実な気がします。

最近はどこも20%還元のおいしいキャンペーンはほとんどないけど、6月頃までは毎月のようにあったのでその恩恵が大きいです。(春のドラッグストアキャンペーンやローソン20%還元キャンペーンとか)

LINEギフトが半額のキャンペーンの際はスタバの500円ドリンク券とか何度も買った記憶が。

ふだん買うドラッグストアとかでキャンペーン時期を意識して買い物したりしただけなので無駄遣いはあんまりしてないと思うけど、キャッシュバック分は自分の化粧品や高級スイーツなどに消えていった気が(^-^;

さいごにメルペイ

メルペイを使用し始めたのはごくごく最近なのですが(iD決済不可のスマホなので使ってなかった)増税直前の9月に半額(MAX還元額3,000円)までキャッシュバックという大盤振る舞いなキャンペーンがあったため、その時に使用しました。

で、3,000円分のポイント還元と招待ポイントなど諸々を夫婦で受けてトータル約5,000円分のキャッシュバックを受けました。ということで還元額は5,000円相当。

まとめ

わが家(夫婦二人のスマホ)のキャッシュレス決済導入したこの1年でトクした(と思われる)金額は約45,000円でした。大物家電を買ったりしてたらもっと違ってたかも。

これを手間と比べると多いと見るか少ないと見るか。

現金払いに比べると小銭を出す手間が省けるというのはありますが、クレカ払いと比べると自分でその都度入金しないといけないのが面倒だったり、お金の流れを管理するのが面倒だったりキャンペーンだとキャッシュバックまで1~2か月ほどのタイムラグがあるので、ファミリーで一元管理の家計だとなかなかにお金の流れを把握しにくいのが難点です。

両親にも勧めたりスマホに入れてあげたりしたけど、結局使ってなさそう。

やっぱめんどくさいよね。。。それを上回るメリットがあると思ったから使ってるけれど今年1年でキャッシュレス決済の覇権争いキャンペーンはなんとなく終わってしまった感があります。

結局のところ何かおトク感がないとスマホ決済を継続するのは面倒かなー。

コンビニ用に1,000円位入れとくのはアリですが。スマホを落とした時とか壊れた時を思うとなんとなく大金を入金するのはこわいような…。

これからお得に使うなら来年6月まで政府が行っているキャッシュレス・消費者還元事業のキャンペーンを利用するしかないのかなという感じ。

5%とか2%と店頭に貼られているステッカーが目印。ドラッグストアだとダイコクドラッグは5%還元企業だったりします。こちらの事業分はスマホ決済してもその場で即還元されているので幾分わかりやすいかと。

これプラス各〇〇ペイが開催する期間限定キャンペーンに地道に乗るしかないのかなと。

スーパーも小さい所だと5%還元だったり、探せばキャッシュレスのほうが現金払いよりオトクな場所はあるのでそういう場所で使っていこうと思います。

スポンサーリンク