松坂桃李の「娼年」を見たよ。これはオンデマンド(動画配信サービス)でレンタルすべき!

シェアする

9月14日(金)松坂桃李さん主演の『娼年』がレンタルでリリースされました。

この作品はR18作品で、公開されたのは2018年の春。R18ということもあって普通の映画のようにテレビジャックするような番宣は少なかったように思います。大阪周辺ではけっこうどでかい広告も出てましたが、見に行く勇気がなかった~(^^;

だいぶ昔に石田衣良さんの原作を本で読んだ記憶があるので、これが映像化できるのか?!できたとしても誰がやるんだろう…と思っていたけどまさか松坂桃李さんとはと驚きました。舞台で先にやってたらしいですね。

スポンサーリンク

「娼年」とはどんな作品?

石田衣良の小説を、舞台でも組んだ三浦大輔監督と松坂桃李のコンビで映画化した衝撃作。退屈な生活を送っていた主人公が男娼(しょう)となり、成長していく過程を描く。性描写に一切の妥協をしなかったという三浦監督のもと、『不能犯』などの松坂が体当たりの芝居を披露している。   

                     解説 シネマトゥデイより

最初に断っておくと劇中の8割ぐらいがほぼ濡れ場な印象。三浦大輔監督といえば池松壮亮さん主演の「愛の渦」を撮ったことでも有名ですが、あの作品も登場人物が常にほぼ裸でしたもんね。。。

なんせセンセーショナルな内容です。よく主演受けたな、と思います。

ドラマ「この世界の片隅に」で戦時中の真面目な夫を演じる松坂桃李さんを見ているのでそのギャップに余計驚いてしまいます。

ネタバレになってしまうので多くは語りませんが、冒頭から登場する松坂桃李さんのお尻が…意外とそんなにキレイでもないことに衝撃とものすごいナマナマしさが。てか旦那と変わらない(笑)。わざとかしら?

普通の大学生が男娼となっていく過程が描かれているので裸もブラッシュアップされていっているのかも。

映画館の大スクリーンで見ていたら思わず目をそらしてしまったかも、というようなどっぷり性愛シーンやその他衝撃シーンが描かれてます。

レンタルする方法は?

9/14(金)よりレンタル・動画配信開始してます。

普通にTSUTAYAとかに借りに行くよりもこちらはぜひ動画配信(オンデマンド)サービスを使ってみることをおすすめしたい作品です。最近はほとんどといっていいほどオンデマンドでレンタルしてますが、返しに行かなくてもいいからうっかり忘れを気にしなくていいし、忙しい身には助かります。

警報が出て学校や急な予定がなくなった…ってときにもポチッと家で借りてすぐに見られるのがうれしい。今年の猛暑の夏休みは大活躍でした。

お店に行く手間が省けてすぐに見られるオンデマンド、本当に便利です!

「娼年」が見られる動画配信サービス

U-NEXT

ユーネクスト加入者だと二日間で540円でネットでレンタルできてすぐに観られます。

今まで契約したことがない場合は、31日間無料トライアルがあるのでその期間中に視聴するのがベスト。無料トライアル登録の特典として600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、それを利用すれば実質タダですね~。(私は契約時に「おっさんずラブ」を観るのに使いました笑)

(本ページの情報は2018年9月時点のものです。最新の配信情報はU-NEXTのサイトにてご確認下さい。)

TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの動画配信でもレンタル料は540円。こちらも動画見放題プランが初回入会30日間無料のサービスを行っています。

FODプレミアム

フジテレビのオンデマンドサービス、FODプレミアムもおすすめ。

amazonアカウントを利用してFODプレミアムに初めて登録すると、こちらも見放題対象作品を1か月無料で楽しめます。(娼年は有料のレンタル作品です。詳細はFODサイトでご確認下さい。)

8が付く日にポイントがもらえたり、雑誌の読み放題サービスもあり、昔のフジテレビのドラマが見られたり、使い勝手がよいので私も愛用してます。FODオリジナルのドラマも面白いですよ~。

amazonビデオでも

amazonビデオでも同じく540円で動画配信が始まっています。

ただのR18な映画というわけでなく、女優陣も素敵ですし、ストーリーも見ごたえがありますよ。新たな松坂桃李さんを発見できるので女性にはおすすめの作品だと思います。

スポンサーリンク