ふるさと納税でもらった冷凍いちごをジャムやスムージーでおいしく♪

シェアする

北海道栗山町にふるさと納税して、ファームうかわの冷凍いちご(2kg)を頂きました。

いちごの季節は終わってしまってますが、日差しもジメジメも気になるこれからの季節にさっぱり食べられるスムージーとか、自家製ジャムとかを作ってみたかったのです。ビタミンいっぱい摂れてお肌にもよさそう★

届いた冷凍いちごはどーんと2キロ!2キロのいちごってめっちゃ多いです。

冷凍庫に入るかが心配な量…(何とか無理やり押し込みました)。

翌日、ジャムを作ってみました。

スポンサーリンク

冷凍いちごで作るイチゴジャムレシピ

冷凍いちごで作るイチゴジャムは、クックパッドのレシピを参考にして。

普通の生のいちごと違い解凍時に水分がたくさん出るので、まずは砂糖をまぶしたりせず15分くらい中火にかけます。(2時間ぐらい自然解凍した後作りました)

いちご600gです。最初フィスラーの鍋に入れた時こんなにいっぱいジャム出来たら多いかなーと思ったけど、

まぁ、出てくる出てくる…白いアクと水分をまめにとると

あっという間にかさは減り、

4分の1くらいになりました。

そこへお砂糖120グラムを投入。さらに10分ぐらい煮詰めます。

お好みでレモン汁を入れ完成~。レモン汁は入れたほうが色止めになるようです。

熱いうちに消毒したビンや容器に入れます。

適当に家にあった空き瓶に詰めてしまいましたが、ここでオシャレなビンに詰めれば素敵な手作りイチゴジャムのできあがりです。どれどれ、と味見をしてみると…うーん、めっちゃ普通~。(←納得いかない。)

いつも食べてるアヲハタのイチゴジャムと変わらない感じ。

思ってたより甘すぎる感じかも。というか甘さがしつこいような…。

レシピではグラニュー糖120グラムとなっていたところをキビ砂糖で作ってしまったのが原因かも。グラニュー糖はふだん使用しないので家になくて、いつも使っているキビ砂糖で代用してしまいましたが、やはりこういったお菓子作りのときはグラニュー糖のほうがスッキリした甘さに仕上がっていいのかもしれない。

私が作りたかったのはもう少し甘さ控えめで果実感のある、パンケーキの上やアイスクリームの上にたららーっとかけられるようなジャム。

次回は必ずグラニュー糖でそして砂糖の量を減らしてリベンジしようと思います。

ま、朝のパンにジャムを乗せるのが好きなマイファミリーには人気でした。

冷凍いちごを使ったレシピいろいろ

冷凍いちごは他にもいろいろ使えます。冷凍ブルーベリーやバナナ・豆乳と一緒にスムージーにしたり(甘み付けははちみつ)、半解凍で細かく刻んでアイスクリームにいれたりしています。

梅酒と梅シロップを仕込む際に一緒に作ってみたいなと思っているのが、いちごのお酒。ウイスキーで割ってもおいしいらしいのですが、ウイスキーは飲まないので、梅酒の残りのホワイトリカーで仕込んでみようかなと考え中。

冷えた白ワインにちょっと入れてもおしゃれかも~なんて思っています。

果物を切らしてしまっている時とか、暑くて食欲のない朝などに、ちょっと自然解凍しておいてヨーグルトをかけて食べたり、練乳をかけて食べるのも子供が喜びそうです。

ちょっと前に流行ったヨナナスでも持ってたら、これで簡単においしい自家製アイスが作れますね♪

ふるさと納税では、私がもらった北海道栗山町以外にも、佐賀県の太良町・静岡県藤枝市・福岡県古賀市などなど多くの自治体で冷凍いちごが返礼品になっています。

ふるさと納税でも果物の返礼品は大人気ですが、どれも大量に届いて日持ちしないのがネック。

とくに夏のフルーツ(桃とかさくらんぼとか)はたいてい保存があまりできないものが多いので、冷凍ストックできるいちごはこれからの暑い季節におすすめだと思います。

スポンサーリンク