DHCオリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンスの使い心地

シェアする

DHCといえばオリーブバージンオイル、というぐらい代名詞的な存在のオリーブバージンオイル。

旅行の時に持っていったり、季節の変わり目のお肌や子供の肌の乾燥に…など一つ家にあると重宝する、そんなオリーブバージンオイルがクリアな美容液になって登場しました。

新発売の「オリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンス」をお試しさせていただいたので使い心地などレビューします。

スポンサーリンク

オリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンス

オリーブバージンオイルを絶妙な配合で美容液の中に均一に分散させて閉じ込めたクリスタルスキンエッセンス。

パッケージを開けるとクリアなボトルがきらきらと輝いて見えます。よく見るとそれは粒状のオイルなんですねー。つぶつぶがとても小さいので近くで見るとラメは入っていないのに、きらきらのラメのように見えます。

ビジュアルがきれいなので使う前からテンションあがります⤴

プッシュポンプタイプなのも使いやすくていい感じ。

テクスチャーは少しとろみのある化粧水のような感じで、さらっとみずみずしいです。

2・3プッシュを手のひらに取り、お肌全体に行き渡らせるように使用します。オイルが入っているから、もしかしたらつけすぎるとベトつくのかな、と思いましたが全然そんなこともなく、サラッとしていてとても肌なじみがいいのが驚きです。

ブースター(導入アイテム)としても最適

オリーブバージンオイル クリスタルスキンエッセンスは、オリーブバージンオイルならではの「親水基」という水になじみやすい構造によって、前に使う化粧水や後に使うクリームなどの水分や美容成分と手をつなぎ、効率よく肌内部に引き込んでくれる作用があるため、ブースター(導入アイテム)として使用するにも最適です。

なるほど化粧水の前に使ってこの後に、化粧水→乳液→クリーム、と重ねると普段よりスーッと肌に成分が入っていく気がします。

今までお肌が乾燥する時期に、化粧水にDHCのオリーブバージンオイルを数滴混ぜたりして使っていましたが、こちらのアイテムだと既にオイルと美容液が混ざっているので使いやすくていいですね。

ブースターとして使った後にクリームを重ねるとお肌は柔らかい感じになって、後に使うアイテムがいつもより肌にしっかり浸透していく感じがあります。

寒暖差が激しくて肌のゆらぎが気になる春のシーズンは、かさつきがちなお肌を乾燥から守ってくれる頼もしい存在になりそうです。

香りがほとんどないのも他のアイテムとケンカしなくていいですよねー。

オリーブバージンオイルと同様、子供のお肌にも悪くなさそうなので、花粉症で部分的にお肌のかさつきが気になる娘も一緒にお風呂上がりに使用してみたら、お肌がすべすべに。使い心地が気に入ったみたいです。

50mlボトルで普通の美容液よりたっぷり入っているので、数か月は使えそうだしお値段もリーズナブル。

オイルインの美容液といってもさらっとした使用感なので、春から夏にかけてのお肌がオイリーに傾きやすい季節は美容液としても重宝しそうです。

スポンサーリンク