瀞峡(どろきょう)ウォータージェット船で熊野川をめぐる

和歌山県の熊野川・瀞峡めぐりに行ってきました。京阪神からは同じ関西といえど結構遠いけど、熊野古道とか瀞峡(どろきょう)一度行ってみたかった場所です。

初めて乗ったウォータージェット船は思っていたよりスピード感があって爽快!京都の保津川下りみたいなのを想像していたけどそれよりも楽しめました。

夏でも渓谷は涼しい空気だし、川も風景もきれいで心いやされます。

スポンサーリンク

瀞峡(どろきょう)ウォータージェット船に乗る

瀞峡(どろきょう)と読みます。漢字が難しいですね。奈良県・三重県・和歌山県にまたがる国特別名勝の大峡谷です。この辺りは関西人でも結構アクセスしにくい場所なので行ったことがない人が多いかも。熊野本宮大社の近くです。

熊野町の志古乗り場からウォータージェット船に乗って、瀞峡を見てまた志古乗り場に戻ってくる、約2時間のコースに乗船しました。

志古乗場までは車で。車を駐車場に停めて、乗船券を買って出発!

WEB割引チケットがお得

乗船券は熊野交通のHPからWEB割引券が発券できたのでそれを自宅でプリントアウトして持参しました。

熊野交通 瀞峡案内

大人3,440円→3,100円に子供1,720円→1,550円になってお得でしたよ。

朝9:30~14:30までの間、一時間に一本の便があります。

窓から見える風景。水しぶきが豪快にあがってます。約40キロのスピードが出ているらしく想像よりもずっと速いです。風が気持ちいい~。

志古から熊野川を走ること約20分ぐらいで瀞峡に到着。夫婦岩や亀岩など自然が作り出した不思議な景観を間近にたくさんみることができます。

お天気もよかったので、瀞峡では天井が開いて船がオープンに。

もやがかかったような景色。幻想的でした。

途中20分の休憩を挟み、また志古へ戻っていきました。

乗務員の方が岩やつり橋などの説明をひとつひとつしてくれます。子供もふんふん聞いてました。私は往路で景勝を十分堪能したので帰りの船の中は気持ちよく爆睡(笑)。

ジェット船での川下りを楽しんだ後は志古に戻り、そのまま「瀞峡めぐりの里 熊野川」の中のおみやげもの売り場をプラプラし、レストラン熊野川でランチ。

周りに飲食店がなかったので入りましたが、お店は清潔感があり定食どれもおいしかったです~。デミグラスソースがかかったチキンカツとか。

土曜日の午前中の瀞峡ウォータージェット船はそれほど混雑もなく、快適でした。(そこも京都の保津川下りとは違うよいところ)観光地なのに混んでないっていい。

熊野川のこの乗場までのアクセスが車でないと不便っていうのはあるけれど、見どころも見ごたえもあってよかったです。

帰りは車で20分ぐらいのところにある熊野本宮大社にも立ち寄り、参拝もしてきました。

サッカーのシンボルマークとしても有名な八咫烏。お守りもかっこよかったです。

本宮内のこのポストから手紙を出すと熊野本宮のスタンプが押してもらえるということを事前に知って用意してたのに、ハガキを忘れるという…。ここから出したらよい記念になりそうですね。

スポンサーリンク