進化を感じる!パナソニックのナノケアドライヤー 口コミレビュー

ドライヤーをPanasonicの新しいナノケアに買い替えました。

今までも同じPanasonic(パナソニック)のナノイーのドライヤーを使っていたのでバージョンアップな感じです。今まで使用していたのは2009年製のものだったのでかれこれ7年以上使っていたことになります。(7年使っても全然まだ使える丈夫さが国産、さすがパナ。)

この7年できっと相当な進化を遂げているはず、と期待をこめて購入。

スポンサーリンク

パナソニックナノケア EH-CNA98

去年の冬のボーナスの時にも買うか迷ったけど、新製品で出たてだったからまだ2万円ぐらいしてたのでちょっと躊躇してしまったドライヤー。

ドライヤーっていつの間にこんな付加価値のある高級家電になったんでしょうね。

ダイソンのとか4万円とかしてびっくりです…。

夏になり、また今秋ぐらいには新商品が出るのかな?だいぶ価格もこなれ感が出てきて下がってきたのでいいタイミングかなと購入しました。

春休みに行った温泉で脱衣所にこのパナのナノケアドライヤーが置かれてて、使ってみたらすごくよかったんですよね~。旅先でドライヤーが違うとどうも髪がまとまりにくいな…と思ってたけれど、このドライヤーだとヘアオイルとかもなしで翌日もしっとりまとまりがよかったのでやっぱり買い替えよう!と決意したのでした。

(近所のスーパー銭湯にもあったけれど1回100円とかお金をとるドライヤーとして置かれていてびっくりでした。)

色は白・ゴールド・このルージュピンク、と3色あってどの色にするか迷いましたが娘がこの色がいいっていうので一番ビビットなこのカラーをチョイス。

ナノイーも進化している!

同じPanasonicのナノイードライヤーからの買い替え(7年前の製品)でも使うと違いを感じます。

まず、あの独特のナノイー臭(っていっていいのかな?)が濃い!病院みたいな歯医者みたいなニオイ、って子供は言ってましたがそんな感じ?ナノイードライヤーを持っている方ならわかるニオイだと思うんですが、それが濃いです。

そして髪が乾くのが旧型よりもさらに早くなりました。速乾!!

そしてさらに、髪のサラサラ感としっとり感がUPします。

モードがいろいろ変えられるので子供にはちょっと使い方が難しいようですが、室温を察知して暑い夏でも低めの温度で乾かせるインテリジェントモードがあったり、温・冷風が交互に出てくれるリズムモードがあったりと、真夏でも汗をかかずに快適にドライヤーができてうれしい限りです。

私が気に入っているのは温冷リズムモードと、今までのドライヤーにはなかったSKIN(スキン)モード。

温冷リズムモードは美容院のブローみたいに髪にツヤが出ます。自分で今まで温・冷って替えたりしてたからそれが自動になって楽になりました。

スキンモードはイオンの力で髪だけじゃなくお肌までしっとりさせてくれるという機能。髪のお手入れのついでにお肌まで…なんてすばらしいです。顔に風を当てるだけなんですが、ちょっとお肌がモチモチしますよ。(それが持続すればいいけどね)他にもスカルプモードという地肌のためのモードまであります。

ドライヤー本体の重さも前のものとほぼ変わらずで、旅先に持って行くにはちょっとかさばるサイズだけど、家で使うには問題なしです。

ヘアオイルが要らなくなった

使い始めて1か月。このドライヤーに替えてからの一番の変化。

今まで夜と朝に使っていたヘアオイルがほとんどいらなくなりました。ヘアカラーやストレートパーマなど年中何かしら髪にダメージを与えることばかりしているので、毛先がバサバサになってたけれどそれがかなり軽減されたかも。

(たまに思い出したように使いますが)今までは必需品だったことを考えるとドライヤーを変えて髪がしっとりまとまりやすくなったからかなと思います。

ロレアルやケラスターゼのヘアオイルを数か月に1本ペースで消費してたのですが、今後はあんまり要らなくなりそうです。そう思うと、ドライヤー自体はちょっとお高いけれど、長く使えるモノだしコスパいいかもしれません。

この年になると思うけれど、髪の毛って見た目年齢をすごく左右しますよねー。白髪ケアももちろんだけど、髪にツヤとコシがあると若く見える気がします。

ヘアケアは年齢を重ねるほど頑張ったほうがいいなと実感してるので、お手軽にケアできるナノケアドライヤーは忙しいアラフォー世代には特におすすめです。

だいぶ値下がりしてますよ~。

スポンサーリンク