リフォーム会社の見積もり 面倒でも複数から相見積もりとったほうがいいのか?

シェアする

わが家はマンションのリフォームをこれまでに2度しています。

一度目は購入時のフルリフォーム(子供部屋一部屋を除く)で、もう一度は子供部屋のリフォームです。

本格的な子供部屋は幼稚園ぐらいだといらなかったので、子供が部屋が実際に必要になったときに子供の希望を聞いてしようと思っていて、実際数年経ってから追加リフォームしました。

リフォームの見積もりはその都度、複数社から相見積もりを取って納得できるところを選んでリフォームしています。

スポンサーリンク

リフォーム会社の見積もりはどこでとる?

小さい会社から大きい会社まで、リフォーム会社はものすごくたくさんあります。工務店や不動産会社がやっているものもあれば、ホームセンターや家電量販店で部門を持ってやっているところもあるし、リノベ・リフォーム専業のところももちろんあり。

会社も情報も多すぎて、リフォーム会社を選ぶのって本当にむずかしいなと実感。

ふだんの数万円~数十万円規模の買い物(家電や家具など)はほぼネットで完結しているわが家も、マンションのリフォーム料金やプランを自分でネット比較・検討するのは大変でした。というか本を読んだりしても、結局よくわからなかったです。。。

トイレやお風呂だけとか部分的なリフォームなら近所のホームセンターやチラシで見かける近所の工務店のようなところに頼むのも簡単でいいかな、と思いました。

がふだんから家電でも一番安いところや保証や修理が手厚いところを選んで買っているし、納得いくリフォームがしたい…。やはり数百万規模のフルリフォームとなるとそれなりに比較検討した方がよさそうだなと感じました。

わが家はやはりネットで見積もりをとってみた

実際にリフォーム会社に出向くのは、とりあえずネットで見積もりをとってみてからにしよう、と日経新聞や雑誌でもよくみたことのあった大手のサイト、ホームプロから見積もりをとってみることに。

間取りやリフォーム箇所・予算などを入力すれば、個人情報を入力することなく(入力は郵便番号のみ)匿名で見積もりがとれました。

フルリフォームの時だと6・7社からすぐに見積もりが届き、子供部屋の時は規模が小さいからか2社から見積もりが来ました。

自分たちの予算に応じて適した会社をリフォームあっせん会社(ホームプロ)が1000社の中から紹介してくれるという仕組みのようですが、自分でリフォーム会社を探す手間も省けるし、おおよそのリフォーム金額もわかるし、利用料金は無料だし、で利用してよかったです。

ホームプロは、60万人以上が利用する実績No.1「リフォーム会社紹介サイト」です。

相見積もりをとったほうがいい理由

リフォームの金額比較が難しいのは、キッチンやトイレ・お風呂などの機器の値段だけじゃなく、プラス工事費や撤去費用などの人件費がかかってくるから。

普段の買い物だと、モノの値段を比べればよいだけ(時には補償も)なのでわりと簡単だけど、リフォームはそこに見えないお金が多数加わるから素人には判断がむずかしいんだと思います。

だからこそ、見積もりは何社かとったほうがいいのかなと。リフォーム会社によって見積書のスタイルも違うので、工事費一式としてくるところもあれば、細かくわかりやすい見積もりを出してくれるところもあります。

そういった違いも何社か見積もりをとってみてからわかることなので、やはり会社選びの判断材料や安心を買うためにも相見積もりは必要かなと思います。リフォーム工事が大規模であれば工事金額にも開きが出てくるので何社かの見積もりは必須かも。

リフォーム会社の人もよくわかっていて、最初から他社と比べられていることを前提に話を進めてきますし、むしろ競合があったほうが値段も下がったり工夫してくれる割合も高まるような気がします。競争原理が働くんですねー。

複数から見積もりをとっていることを後ろめたく感じる必要は全くなし。高い買い物なんだから納得いくまで比較検討しましょう。

相見積もりをとってみてわかったこと

  • リフォームのことがよりよくわかる
  • リフォーム会社も競争原理が働き、努力してくれる

見積もりを取った段階で、リフォーム会社の対応からなんとなくその会社の方針や雰囲気が伝わってきました。ネットでの見積もり後に、感じのよかったリフォーム会社に連絡をとって実際会ってみて、一社に決めました。

ここまででもふぅ~!な作業なのでWEBサイトで家にいながらできただけでも万々歳。

見積もりも一社一社自分で足を運んで取っていたのではきっと途中で「もうここでいっか」とあきらめてしまいそう(笑)。それぐらい大変なんです…。WEBからの一括見積は時間と労力のショートカットになって、ほんとに便利です。そこから取捨選択していけばいいし、リフォームの入口として最適だなと思います。

リフォーム ホームプロ

スポンサーリンク