単身赴任に必要な家具・家電・日用品などのわが家が買ったものまとめリスト

単身赴任するにあたってわが家が買ったものやお店・かかった費用などをまとめてみました。

スポンサーリンク

家具・寝具など

準備したもの 購入店舗など
寝具(敷布団) 無印良品
寝具(羽毛布団) 楽天(西川ふとん)
寝具(タオルケット・枕) ニトリ
テレビボード IKEA
照明(ペンダントライト) IKEA
照明(LEDシーリング) ヨドバシドットコム
スチールシェルフ 無印良品
ローテーブル ニトリ
自転車 現地購入
カーテン・のれんなど ニトリ
衣装ケース・たんす・ハンガー 自宅から持ち出し

テーブルはこたつテーブルに

キッチンが広ければダイニングテーブルと椅子を置いてもよかったのですが、そのスペースはなかったのでニトリでローテーブルを買いました。

75㎝×75㎝の正方形のテーブル。冬はこたつにもなります。一人暮らしならこのサイズで十分でした。4人でも食卓として囲めるサイズだし、これより大きいとかえって邪魔だったかも。

寝具はベッドにするか布団にするか迷ったところでしたが、引っ越し先のメインで過ごす部屋が和室だったため、布団に。

お手入れが楽で腰痛持ちにもよい無印のプロファイルウレタン敷布団にしています。綿布団ではないのでダニもわきにくく、カバーも洗えて清潔に保てるので、日中あまり干したりできない単身赴任での衛生面でも安心です。

まるでベッド並みの寝心地!腰痛持ちにおすすめな無印のプロファイルウレタン敷ふとん
長年ベッドで寝る生活を送っていますが、夫引っ越し先の寝室が畳の和室。 畳の部屋にベッドを置くとあとあとかなり畳が凹みますよね…。退去時の原...

体を休めるために寝具は大切なので、自宅と同じかそれより質のよいものを選びました。

無印のスチールシェルフは一つあるとどんな場所でも大活躍。自宅に持って帰ってきても使えると判断し、安いカラーボックスなどは買わずいろんな収納を兼ねています。

おすすめ収納!無印のスチールユニットシェルフは今も昔もデザイン一緒で使いやすい
無印良品の収納商品の代表格といえるスチールユニットシェルフ(SUS)。 わが家にもキッチンでずーっと使っているものがあります。買ったのは1...

TVボードとペンダントランプは数年の単身赴任生活の間もてばいいので激安のIKEAのモノをチョイス。

家電

準備したもの 購入店舗など
液晶TV(26インチ) ヨドバシドットコム
電子レンジ 自宅より持ち出し
電気ケトル amazon
洗濯機(4.2㎏) レンタル(クロネコヤマト)
冷蔵庫(140L) レンタル(クロネコヤマト)
オーブントースター 自宅より持ち出し
掃除機 自宅より持ち出し
髭剃り ヨドバシドットコム
キッチン用ガスコンロ ヨドバシドットコム
炊飯器(アイリスオーヤマ) ヨドバシドットコム
エアコン joshinweb
コーヒーメーカー(ドルチェグスト) 自宅より持ち出し
扇風機 自宅より持ち出し

家電は家にあるもので持って行けそうなものは赴任先に持って行き、ちょうど買い替えの時期だったりするものは自宅用を新調し古いほうを赴任先へ。それでもどうしても必要なものは購入・レンタルしました。

家電レンタルは購入するのと価格も変わらないし引っ越しや廃棄の手間を考えなくてもいいので結構便利かも。電子レンジや掃除機もレンタルサービスがありました。

単身赴任の電化製品はレンタル家電でクロネコヤマトを利用中。便利でおすすめ!
この春から単身赴任となった夫。赴任先の賃貸住宅には備え付け家電がなかったため、 エアコン 液晶TV 冷蔵庫 洗濯機 ...

アイロンは今は自宅でかけていて赴任先になし。自宅に帰って来られない週末もあるので赴任先用にも1つ買おうかなと思っています。とりあえずすぐになくても困らないものは、あとから買うのも手。

日用品

準備したもの 購入店舗など
ティッシュ 自宅から持ち出し
トイレットペーパー・キッチンペーパー 自宅から持ち出し
洗面用品(洗顔・歯ブラシ・フロスなど) 自宅から持ち出し
洗剤・柔軟剤各種 自宅から持ち出し
調味料(油・塩・砂糖など) 自宅から持ち出し
キッチンツール(包丁・まな板・お玉・フライ返し・米びつなど) ニトリ・IKEA
食器類 自宅から持ち出し
お鍋・フライパン 楽天
タオル・バスタオル 楽天
キッチン・バス・玄関各種マット ニトリ
洗濯物干し・ピンチ・脱衣かご ニトリ
風呂桶・風呂いす ニトリ
ゴミ箱(キッチン・居室) ニトリ・100均SHOP
クイックルワイパー 自宅より持ち出し
常備薬・サプリメント 自宅より持ち出し
懐中電灯・電池 自宅より持ち出し

基本的に日用品は家で使っているものを赴任先にも持って行ってます。

調味料などもサイズは小さめの同じメーカーのモノを。使い慣れただし醤油やドレッシングがあると野菜なども食べやすく便利。

一人暮らしで平日しか赴任先にいないので掃除機はあまりかけていないようで、夜でもささっと掃除ができるクイックルワイパーや、リセッシュなどの消臭スプレーは重宝しているようです。

掃除機はコードをつないで使うタイプはめんどうなので、スティッククリーナータイプがいいかも。

かかった費用

単身赴任グッズを揃えるのにかかった費用は、総額35万円ほど。

家にあるものを持って行ったり家具や家電もすべてを買ったわけではないけどやはりけっこうかかりましたねー。単身赴任の手当では全く賄いきれませんでした(^-^;

エクセルの表で管理してましたが、だいたいのものはネットでカード払いで買うことが多かったので4月の請求書にはびっくりしました…。

一つ一つは安いキッチングッズやマグネットフックやハンガーなどの小物もまとめて買うと万単位でお金がかかったりします。お店にいってあれもこれも…とポイポイかごに入れてたら大変なことになりますー。

ニトリのネットで注文→店舗で受け取りのサービスは計画性を持って買えるし買い漏れもないし便利だったのでおすすめです。

その他

男性の一人暮らし、平日仕事から帰って寝るだけだと殺風景になりがちです。

単身赴任先にはたまに家族も一緒に行って数日間過ごしますが、「必要最低限のモノしかない暮らし」っていうのは味気ないものです。

リビングから見えるベランダの草花や観葉植物、育てているペット、お気に入りのモビール絵や置物や家具などなど愛着のあるものに囲まれている暮らしがやっぱりいいなと思います。

なので自宅から単身赴任先にも家族写真が入ったフォトフレームや、子供の書いた絵や工作、育てるのが簡単な観葉植物なども持って行っています。

家にグリーンがあるとちょっとほっとしますよね。あまり居心地がよすぎても困るけど(笑)、単身赴任生活も健康で快適に暮らしてほしいものです。

スポンサーリンク