レースだけじゃなくドレープカーテンも自宅で洗濯が簡単にできる!

シェアする

GWの谷間の平日、空気がカラッとしてすごくいいお天気だったのでリビングのカーテンを洗濯してみました。

カーテンの洗濯頻度ってどれぐらいが普通なんでしょ?わが家では今まで、レースのカーテンは年に2度ぐらい(春と秋)洗っていましたが、リビングのオーダーのドレープカーテンのほうは全く洗っていなかったんです(‘Д’)

理由は、ドレープのほうはオーダーカーテンで3倍ヒダ、とかにしているのでとにかく外すのが重いのと、形態安定加工でドレープがキレイに出るようにしてもらっているのが洗濯したら取れちゃうんじゃないか…と懸念していたから。

初のオーダーカーテンで高かった…というのもあるしビビッて洗濯できてませんでした。

しかし4年以上経ち、さすがに汚れてきた気がするし、日頃ソファカバーとかラグとか何でもホームクリーニングしてるのでふと、急に行ける気がしてきて挑戦。

というかドレープカーテンの裾にある洗濯表示を見てみると、十分洗えそうだったのでした。

スポンサーリンク

ドレープカーテンの洗濯方法

お洗濯表示を確認してから洗います。ネット使用・ドライ可とあったのでそれ通りにします。

カーテンにもお洗濯の際は、と洗濯できる旨が表記されていました。アイロンかけなきゃいけないとしたらいやだなー、と思いながら洗濯。

畳んでネットに入れて、洗濯機のドライモードで

カーテンを外し、フックを取ったらたたんでネットにいれて洗濯機へ~。

ソファカバーなどと同じドライモードで洗います。

洗剤もホームクリーニング用のものを使用。

洗濯中、そーっとフタを開けて見てみると、洗い中の水は結構汚れておりました。やっぱりドレープカーテン、たっぷりホコリを吸い込んでいたようです。

干す際は普通にカーテンレールにかけるだけ

洗濯が終わったカーテンを取り出してみると…意外とドレープはそのまま、シワになったりもしていませんでした。よかった~。

なのでカーテンフックを付け、元通り窓辺へ。ドレープなのでレースのカーテンよりも水を吸ってカーテンがかなり重いのが難点ですが、その重さでシワもなくなる気がします

アイロンがけももちろん不要。お気に入りの柔軟剤も入れておいたのでホコリっぽかったカーテンがさわやかな香りになりました。

もともと汚れがわかりにくい色のドレープカーテンでしたが、くすみが取れてスッキリした気がします。ちぢみもなし。よかったです。

カーテンレール周辺って思ったより汚れています。フックもついでに水洗いしてスッキリキレイになりました。

まとめ

今回初めて洗ってみて、ドレープカーテンもレースのカーテン同様、自宅でお手軽に洗濯できることがわかりました。

形態安定加工のドレープカーテンでもヒダがとれることもなく、きれいなドレープをまだキープできているので1度や2度のお洗濯では大丈夫そうです。

洗う際は、カーテンの洗濯表示をよく見て確認してから行うといいですね。

これから窓を開けることも多いシーズン、カーテンが清潔だと部屋に入ってくる空気もキレイで気持ちいいですよね。

風通しをよくして、いい運気を取り入れたいものです。

スポンサーリンク