まるでベッド並みの寝心地!腰痛持ちにおすすめな無印のプロファイルウレタン敷ふとん

シェアする

長年ベッドで寝る生活を送っていますが、夫引っ越し先の寝室が畳の和室。

畳の部屋にベッドを置くとあとあとかなり畳が凹みますよね…。退去時の原状回復も大変だし、布団のほうが部屋が広く使えるし…と、ものすごく久しぶりに敷布団を買いました。

ただ、ベッドの寝心地がとても気に入っていて腰痛持ちでもある夫は柔らかい敷布団が苦手。通常の綿の敷布団だと柔らかすぎて寝返りが打ちにくいみたいです。(旅館のふわふわの敷布団とかも苦手)

なので買ったのは無印良品の「カバーが洗えるプロファイルウレタン敷ふとん」です。

これが、私も一晩お試しで借りましたがとても寝心地がよくて秀逸。腰痛持ちの人にもとてもいいようです。

スポンサーリンク

無印良品のプロファイルウレタン敷ぶとん

腰痛によい敷布団、で探して見つけたのがこの無印良品のカバーが洗えるプロファイルウレタン敷ぶとんです。

muji.net

muji.net

店舗に展示品はなかったのですが、お店の方に無理を言ってベッドみたいに店頭でお試し寝させてもらいました。これで気に入って先日の無印良品週間の時に購入。

プロファイルウレタンとは、ウレタンに凹凸の加工をしたものです。

中身はグレーの硬めのスポンジ状で卵ケースのようにポコポコとした形状になっています。これが体を面で支えてくれて沈まず、体圧を分散してくれて寝心地をよくしてくれているようです。

硬めで腰が沈まずベッドのマットレスのような寝心地

ベッド生活に慣れていると、久々に普通の敷布団に寝るとなんだか柔らかすぎて体が沈んで寝にくかったりしますよね。実家に泊まったり、旅館に泊まったりするとそう思います。あー、自分ちのベッドが一番、と。

でもこの無印のプロファイルウレタン敷ぶとんは体が沈まず敷布団にしてはかなり硬め。ベッドのマットレスに近く、好みの寝心地です。腰痛持ちの夫も朝起きても腰が痛くならず、とても気に入っているようです。

プロファイルウレタンのポコポコっとした感じが上に敷パッドを敷いても伝わってきて心地よい感じです。

多少たたみにくいけど上に枕などの重しを置けばよし!

普通の敷布団であれば、簡単にたためますがこのプロファイルウレタン敷ふとんは軽くてかなりの反発力があるため普通にはたためません。横のマジックテープを留めてやっとたためるかなという感じ。それも上に何か重しをしないとちょっと浮きます。

特に気にならないけれど、きっちりたたみたければ上に枕とか掛布団等置くとおさまりがよいかもしれません。

横のマジックテープを留めて三つ折りにする形状のため、フルカバーをかけてしまうと三つ折りにたためなくなってしまうので要注意です。カバーをさらにかけるなら、四隅をゴムで留めるタイプの敷パッドを上にかぶせるのがおすすめ。

本体カバーが洗えてウレタンなのでダニもわきにくく清潔!

私が一番いいなと思ったのは、本体カバーが洗えて清潔に保てる点とウレタン製でダニがわきにくそうという2点。

敷布団で単身赴任生活…となると万年床になる可能性大ですよね。休日は地元に帰ってきて平日の仕事の帰宅は遅いとなると、布団を日中干すことってかなり難しいし、普通の敷布団を清潔に保つのは至難の業の気がします。

この布団だったら移動させるのも軽いし、カバーと敷パッドをまめに洗って時々立てて日当たりのいい場所に置いておけば清潔に使えそう。

なのでこのプロファイルウレタン敷布団であれば数年間の単身赴任生活を快適に過ごせるような気がしますね。

ベッドに近い寝心地の敷布団を探しているならばとてもおすすめの寝具だと思います。

スポンサーリンク