子供部屋の床は天然素材ウール100%のカーペットに

もともと全室カーペット敷きだったうちのマンション。

子供部屋の床はどうリフォームしようかと考えて、カーペット敷きのまま、張り替えてもらうだけにしました。

スポンサーリンク

カーペットの張り替えリフォーム

子供部屋の床をカーペットにした理由はいくつかありますが、一番はリーズナブルだったから 🙂 もともとカーペット敷きの部屋だったのでリフォームもカーペット→フローリングにするよりもカーペット→カーペットのほうが工期も短く簡単だったんです。

 
ちなみに、カーペットからフローリングにした場合(6畳)のリフォーム価格は見積もってもらったところ、カーペット剥がし+フローリング張り工事費で12万円前後でした。
 
その点カーペット張替えだけだと5~6万円に収まる…半額だということでカーペット続行となったのです。
もし子供にアレルギーなどがあればフローリングの方を検討したかもしれません。
 

カーペットのよさとは

フローリングに比べるとお手入れや掃除のしにくさからか敬遠されがちなカーペット敷きの床ですが、いい点もあります。わが家はもう一つの北側の寝室をカーペット敷きにリフォームしていますが、フローリングと比べ足触りが柔らかいので気持ちいいです。
 
北向きの部屋って冬場はかなり寒くなるんですよね。冬の朝、ベッドから素足で降りた時にフローリングだとかなり足元がひやりとしそうですがカーペットだとそれがありません。
 
北向きの部屋だと夏場はわりと涼しいので、カーペットでもさらりとしていて嫌な感じもないです。
ウール100%のカーペットにしているので、夏場もさらっとしているのかも。
  
なので子供部屋もカーペットはウール100%のものにしました。
unspecifiedummodivm
 
ウール100%というと、ペルシャじゅうたんのギャッベが有名。わが家は玄関マットをギャッベにしてるんですが、踏み心地が柔らかくて気持ちいいし汚れにくくて丈夫なんです。
カーペットはループ状になっていいてギャッベには及びませんが、足触りはよく気持ちいいです。

ウールのカーペットの特徴は

  • 冬は暖かく夏はサラッと涼しい
  • 天然の油分により汚れがつきにくく水をはじく
  • 抗菌消臭機能がある
  • 燃えにくい
  • ホコリが舞い上がりにくい
 
たしかにフローリングの部屋に比べると部屋にほこりが舞い上がることが少ないように感じます。寝室に置いてある家具や電球がフローリングのLDKに置いてあるものと比べるとホコリが積もりにくいのは床がカーペットだからじゃないかなと思います。
 
 

まとめ

 
お手入れ面でも、フローリングと比べて掃除がしにくといったことも特に感じません。使い初めの遊び毛はどうかな?と思っていましたが、気になることもなくダイソンの掃除機をかけてゴミの量を目で見ても、ほかの部屋とほとんど変わらずです。
 
カーペットは音や衝撃を吸収してくれて足にも優しいし、下の階への騒音もフローリングほど気にしなくてよいので、子供部屋の床に採用してよかったと思います。
 
子供がいる家庭でダイニングなど普段食事をする場所の床をカーペット敷きにするのはちょっとリスクがあるかもしれないけれど、寝室や子供部屋にはカーペット敷きの床、けっこうおすすめだと思います。
 

スポンサーリンク