研ぎ直しも食洗機も!長く使えるGLOBAL(グローバル)の包丁

シェアする

買ったのはもう6~7年前かもという、現役活躍中のGLOBAL(グローバル)の包丁。わが家にあるのは三徳包丁(18㎝)です。GLOBALのロゴがうすくなってしまいました。

global1

スタイリッシュな見た目で持ち手までオールステンレスなところが気に入って買いました。この包丁に変える前はたしかヘンケルスの包丁を使ってたんだっけな?

数千円の包丁を買っては数年で買い替えていましたが、これにしてからは刃こぼれもなく、研ぎなおすことで切れ味が復活するので長く大事に使えてます。

家で魚をおろしたりとかあんまりしないけれどそれもできるし、日常のお料理はほぼこの万能包丁一本で事足りてます。節分の巻き寿司とかもキレイに切れますよ~。

スポンサーリンク

GLOBAL(グローバル)の包丁のおすすめ点

ステンレスなので食洗機で洗える

包丁って持ち手のところが木だったり樹脂製だったりしますよね。

あの持ち手と刃の間の隙間が汚れてくるのが嫌でオールステンレスのグローバルの包丁に変えたんですが、グローバルの包丁もこの持ち手のつぶつぶの凹凸に汚れが少し付着してきます。。。なので私は時々洗い物が少ないときに食洗機に入れて洗ってますがキレイになります。

メーカーHPでは食洗機は推奨されてないみたいですが、それも他の食器に付着した洗いカスが包丁に付着して高温乾燥、錆びることを懸念されているようです。

今までそれを知らず何年も食洗機で洗ってきたけれど錆びは全くなし。

問題なく使えているので大丈夫なんじゃないかな?あくまで自己責任ですが…。

付属のシャープナーで研ぐと

一緒に購入したグローバルのシャープナーで研ぐと、わりと切れ味は復活しますが数年たつとシャープナーで研いでもあまり切れなくなってきて、はっきりとわかるぐらい切れ味が落ちてきていました。親からも「全然切れない包丁だね~」なんて言われていました。がしかし!!

シャープナーで研ぐのって応急処置みたいなもんだったんですね…

専門の包丁研ぎに出してみたら

あるとき急に思い立って、本気の包丁研ぎ(職人さんがやるやつ)に出したら驚くほど切れ味が鋭くなって帰ってきました。これには本当にびっくり。こんなに切れたっけ?というほどにトマトも吸い付くようにスパっと切れるようになって感動しました。

包丁ってきちんと研がないと本来の切れ味じゃなくなるんですね~。反省…

それ以来、定期的に(といっても年に1・2回)研いでもらっています。

実家にも研石があったので実家に持っていってやってもらったらかなり復活します。しっかりした刃らしく、何度研いでも刃こぼれせず丈夫です!

メーカーでも研ぎ直しをしてくれます

GLOBAL(グローバル)包丁のメーカーである吉田金属の工場に包丁を送れば、研ぎ直して返送してくれるみたいです。研ぎ直し料金は普通の包丁であれば1本1,000円でしていただけるそうです。

研ぎ直した包丁は新品の時同様、感動するくらい切れ味がよくなって戻ってくるのでプロに研いでもらうのはおすすめですよ。

送り先 〒959-0221新潟県燕市吉田西太田2078-3
吉田金属工業株式会社 担当 小林 宛て
TEL : 0256-92-4191

by 吉田金属工業HP

メーカーに送付後10日~2週間で返送してくれるようです。

最近切れ味が落ちたな~、シャープナーで研いでも戻らない…と思ったらぜひ研ぎ直しに出してみてください。まだまだ切れ味鋭く使えますよ。

見た目もスタイリッシュで使いやすいグローバルの包丁、おすすめです。

シャープナー付きでお得です。

   

スポンサーリンク